高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

マンション建築におけるゴミトラブルの対処法とは

マンション建築後、経営をはじめたときに起きやすいのがゴミトラブルです。騒音やプライバシーの問題と共によくある問題として理解しておきましょう。こちらでは、ゴミに関するトラブルについてご紹介します。

ゴミの場所を巡ってトラブルが起きることがある

マンションでも、ゴミステーションを設置していないところもあります。設置しているなら、ちょっと降りて捨てればよいだけです。設置していないと、地域のごみ集積所まで持っていかないといけません。

しかたないこととはいえ、高階層に住んでいる人にとって、大量のゴミを離れたゴミステーションまで持っていくのは一苦労です。中には、面倒になって決められた日に出せない、決められた日以外に持っていくことがあります。

ちゃんとルールを守っている人が不快に思ってもしかたないでしょう。結果、ゴミトラブルが生まれやすくなるのです。

ゴミ捨てで起きやすいトラブル

ゴミ出しの日が守られない

一般的にはゴミ出しの日が決められているもの。地域によって変わってきますが、毎週何曜日にどの種類のゴミを収集するかによってゴミを収集する日が変わってくるのです。しかし中には別のゴミの日に別の種類のゴミを捨ててしまう人も。可燃ゴミの日に不燃ゴミを捨てても、ゴミ収集車は持っていてくれません。こういった放置が悪臭や害獣を引き寄せてしまうなどのトラブルにつながってしまうのです。

悪臭がする

生ゴミの処理が甘いといった対応のために、ゴミを捨てたときに悪臭を放つ原因となってしまう事があります。人間にとっては悪臭でも、カラスをはじめとする動物をおびき寄せてしまう原因になるのです。ゴミを捨てた人との関係性だけでなく、動物を引き寄せてしまうなどさまざまなトラブルにつながりかねない問題です。

ゴミが荒らされる

マンションの中に24時間ゴミ出しができるステーションを設置しているところもありますが、いつでもゴミが捨てられる環境のため、かえって不衛生になってしまう事があります。フェンスで覆われていないステーションの場合、動物にゴミを荒らされてしまうかもしれません。フェンスで囲われている場所でも、ドアが閉められないといったようにマナーが守られないと、すぐに荒らされてしまう危険性があります。

不法投棄が起きやすくなる

ゴミ出しのマナーが守られていない、またはマンションの住人だけがゴミ捨てできるような工夫がなされていない場合は、マンションの住民以外の人がごみを捨てに来る可能性があります。基本的にゴミステーションは道路に接した場所に設置されることがほとんどなので、近所の住民や通行人がごみを捨ててしまう事があるのです。

マンション建築を行う際にはゴミステーションの設置が必須

マンション建築では、ゴミステーションを設置したほうがトラブルを減らせます。生活利便性が高いほうが空室リスクも回避できます。ゴミステーションを設置する際のポイントをご紹介しますのでチェックしてみてください。

マンション固有のゴミステーションのメリット

マンション固有のゴミステーションの中でも、24時間可能なものは重宝がられます。マンションに住む人のライフスタイルもさまざまです。中には決められた時間に捨てたくても、仕事の都合上むずかしい人もいます。

マンションの中には24時間捨てられるゴミステーションを設置しているところもあります。いつでも捨てられるなら、住人もルールを守りやすくなり、トラブルの減少が期待できるのです。

マンション固有のゴミステーションのデメリット

マンション固有のゴミステーションは便利なだけではありません。衛生面や動物の影響を受けてしまうからです。マンションの敷地内に設置することで別の問題が生まれます。

24時間捨てられるのは便利ですが、住人にマナーをしっかり守ってもらえないとすぐ不衛生になります。また、生ゴミも含めてずっとゴミがある状態です。そのため、フェンスなどで対策しないと、野良猫やカラスの餌場となってあらされかねません。

クリーンなゴミ捨てをしてもらうために

入居者に気持ちよく使ってもらうには、オーナー側も配慮が必要です。悪臭を封じ込め、動物に荒らされにくくなるようにフェンスなど対策できる設備を整えるのも1つの方法です。

また、24時間いつでも捨てられるとはいってもゴミ出しの日をあえて決めるなど一定のルールを設けてもよいでしょう。ゴミストッカーなどでは、ダイヤル錠が付いているものもあります。暗証番号が分からないと利用できません。入居者だけに伝えるだけで、入居者以外の人間が勝手に捨てられなくなる、盗難などを予防できるのです。

ゴミ置き場の種類

ゴミ置き場もさまざまな種類があります。設置する場合、入居者にとって何がベストなのか検討して選びましょう。

コンクリート製

コンクリートで完全防備されたゴミ置き場です。出入り口のドアを開いてゴミを捨てます。コンクリート製のメリットは悪臭が外に漏れにくい、カラスや野良猫、ネズミなど動物の被害に遭いにくいです。また、カギで施錠できるなら外部の人間が勝手に捨てる、ゴミ荒らしができないメリットもあります。

アルミ製

アルミ製のゴミ置き場は、賃貸マンションや分譲マンションでよく見られるタイプです。アルミ素材で四方が防備されているため、コンクリート製と同じく、動物や人間に荒らされるリスクが少ないです。ただ、1点、表面に穴が開いているタイプは外から中が見えるため、悪臭が外に漏れやすいリスクがあります。

ゴミストッカー

ゴミストッカーもよく見られるタイプです。一番安価なのはネットタイプで、学生アパートに設置されていることが多いです。衛生面や穴が荒いと動物に突かれる可能性があります。

屋根が付いておらずブロック塀だけのタイプや、扉が引き戸、上に開けるタイプなど多種多様です。悪臭や荒らされるリスクは、侵入できる造りかどうかなど形状で左右されます。

ゴミに関するトラブルを回避するには

よくあるゴミトラブルの事例の対策をご紹介します。対策を知っておけば事前に対応できるためトラブルのリスクを減らせるからです。

動物に狙われないようにするためには

入居者がマナーを守ったゴミ出しができるようルール作りが必要です。確実なのはゴミステーションの形状にこだわることです。四方をコンクリートやアルミで囲むタイプは、動物が侵入できません。四方が囲まれていなくても、動物よけネットで対応できます。

また、施錠について入居者に管理してもらう場合、しっかりと行ってもらうことも重要です。

分別されていないゴミが残されている場合

入居者に分別について徹底してもらうことを呼びかけます。ルールについて清掃局や自治体が発行している分別方法をプリントアウトしたり、冊子にしたりして配る方法もよいでしょう。分別方法が分かればマナーを守ったゴミ出しが増える可能性が高いです。

もし分別しない入居者がいるなら、警告文や掲示板や口頭での注意もしなければなりません。管理会社に依頼しているならしっかり対応してもらいましょう。

粗大ごみのトラブルが起きる場合

粗大ごみのトラブルも、正しい出し方を伝えることが重要です。清掃局や自治体の資料をプリントアウトや冊子にして入居者に配ってください。

ゴミ出しは面倒な作業ですから、ルールを守らない人が1人いれば連鎖する可能性があります。

結果、ゴミステーションが荒れるなどの問題が出てきます。粗大ごみがずっと残り続けているなら、警告文を配ったり、張り紙を掲示するのも有効です。

悪臭がある場合

悪臭の問題も入居者の強力が必要です。ゴミ袋が破れている、きちんと縛られていなければ汁が出て悪臭が発生します。ゴミを捨てる際には水切りをしっかりする、ゴミ袋を二重にすれば対策できます。

また、ゴミステーションの場所にも注意しましょう。敷地が広ければ、ゴミ置き場を住戸から遠ざけるなどの対策も有効です。

マンション建築時にゴミトラブルも想定に入れておく

マンション建築をするときは、ゴミ捨て関してはトラブルを踏まえて設計することが重要です。また、入居者が正しくゴミ捨てができるように、マナーや分別方法などの資料を作成して配るのもよいでしょう。同時にオーナーとして、トラブルが起きにくい形状のゴミ置き場を設置することで対処できます。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。