神奈川県で土地活用するなら

横浜市や湘南などの人気の高いエリアがある神奈川県。神奈川県に所有している土地を有効に活用したいと考えている人も多いでしょう。このページでは神奈川県での土地活用の特徴やおすすめの土地活用方法などを紹介しています。

神奈川県の概要

全国の都道府県のなかで第2位の人口を有している神奈川県。横浜市・川崎市・相模原市といった3つの政令指定都市があり、経済活動も活発なエリアと言えるでしょう。東京へのアクセスも良好で、東京都内で勤務している方のベッドタウン的役割も果たしています。湘南や鎌倉など観光スポットも多く、週末には多方面から観光に訪れる方々もいるエリアです。そんな神奈川県だからこそ、土地を有効に活用できるでしょう。

人口の規模の大きさ

日本全体として少子化が進んでおり、人口減少が著しい状況です。そのため地方だと高齢化が進み、過疎化しているエリアも少なくありません。そのため人口減少に伴い、空室リスクが起こりやすくなるのではないかと不安になることも。もちろん人口減少によって物件の供給量が上回ってしまえば、空室期間が延びる、家賃が下落するなどのリスクも起こりやすくなるでしょう。

神奈川県は2018年から2023年頃に総人口のピークとなると予想されており、2020年頃より総人口が減少する可能性があると言われています。ただ横浜や川崎エリアであれば、2028年頃に人口のピークを迎えると予想されており、東京に近いエリアであれば需要の伸びは見込めるでしょう。

家賃相場

神奈川県だと、東京都よりも家賃が低くなりそうと考える人も多いでしょう。東京の中心部と比べれば家賃相場は低くなりがちですが、その分東京都の土地の価格は高くなってしまいます。また神奈川県では都心部に近いエリアであれば、家賃が高くなる傾向があり、規模によっても異なりますが家賃相場は7万円から10万円ほどです。たとえば横浜や川崎エリアのワンルームマンションであれば、7万円以上の家賃相場になっているエリアが多いでしょう。

東京から離れている鎌倉や逗子、厚木などのエリアでも家賃相場は6万円以上のケースがほとんどです。ファミリー世帯向けの2LDKマンションであれば、横浜市中区なら20.7万円ほどの家賃相場となり、比較的高めと言えます。他の地域でも10万円から18万円と高い家賃相場なので、ブランドによっては家賃が高くなる傾向があるでしょう。

住みやすい要素がある

住みやすい環境かどうかも、住むエリアを選ぶ重要なポイントになるでしょう。神奈川県は東京・埼玉・千葉と言った首都圏と比較しても、犯罪数の少ないエリアです。人口に対しての犯罪率も低く、検挙率は非常に高くなっています。そう言った点を考慮しても、非常に住みやすい要素があるでしょう。とくに子供がいる世帯にとっては、魅力的な要素として捉えることができます。

神奈川県でおすすめの土地活用

土地を所有しているなら、そのまま放置すると税金だけ支払う状況に陥ってしまいます。上手に土地を活用することで、税の優遇措置や収益を得るなども期待できるでしょう。神奈川県でオススメの土地活用についてチェックしてください。

賃貸経営(マンション・アパート)

賃貸経営は、広い土地を活用するのに最適な方法です。相続税など節税対策にもなり、少しでも税の優遇を受けたい方にオススメと言えます。ただ数千万から数億円という多額の資金が必要になり、自己資産や収入など条件に応じて投資を行わなければなりません。また空室や住民とのトラブル、修繕などに備える必要があり、ある程度賃貸経営の知識が必要になるでしょう。エリアや設備によっても収益は異なり、よりニーズの高い物件であれば空室へのリスクに備えることができます。

駐車場経営

駐車場経営は、狭小地などでも有効に収益を生みやすい活用法です。月極駐車場とコインパーキングの2つの経営方法があり、月極駐車場は「管理委託方式」「一括借上方式」に分けられ、コインパーキングは「土地賃貸方式」「自己経営方式」に分けられます。

駐車場経営は区画割りを行うだけで、経営を始めることができ、初期投資も数十万円程度と比較的抑えることが可能です。ただエリアによっては、駐車による収益がわずかなケースもあるので注意しましょう。たとえば将来売却予定、短期間活用したいなど、短期間での土地活用をしたい方に最適な土地活用方法と言えます。

貸事務所・テナント

貸事務所やテナントとして活用する方法もあります。たとえば所有している土地にコンビニや飲食チェーンなどの店舗を事業者と共同で出店する形式などです。比較的交通量が多く、人通りもある道路沿いの土地に最適な方法で、土地の規模によってコンビニやショッピングセンターなど様々なテナントを設置することができるでしょう。

収益も様々で、貸事務所やテナントなどの規模や土地の広さなどによって大きく変わってきます。ただ建物建設まで関わる場合には高額な初期投資が必要となり、状況によっては数億円などの費用が発生してしまうことも。ただ収益として戻ってくる可能性もあるため、周辺環境や状況などを踏まえて、検討した方が良いでしょう。

高齢者施設経営(老人ホーム・サ高住経営)

老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など、高齢者が介護などを目的で居住する賃貸施設を経営する方法です。社会福祉の役割も強く、社会への貢献性も高い土地活用方法と言えます。一般的に高齢者施設でも多種多様な施設があるため、事業を行う際には介護事業者・不動産業者などの運営事業者と共同で計画を立てるでしょう。施設の種類次第で自治体の開設許可が必要となるケースもあるので注意してください。

そのため高齢者施設の土地活用は手軽に事業として始められず、ある程度の広さが必要になってくるため最低でも数億円以上の投資費用が必要となるなどのデメリットもあります。ただ社会貢献性も高く、高利回りが期待でき、税対策などのメリットもあるので、状況によっては最適な土地活用法と言えるでしょう。

神奈川県でマンションを経営するなら

東京都心への交通アクセスも比較的良好で、東京の23区よりも物件価格自体がリーズナブルなどの魅力もある神奈川県。横浜や川崎などのエリアであれば、将来的にも賃貸物件の需要は見込めるでしょう。

ただエリアに関係なく、マンション経営にはリスクがつきものです。空室・家賃滞納・住民トラブル・ごみ問題などのリスクがあり、また定期的なメンテナンスや修繕も必要になってきます。そのためマンション経営を考えている場合には、しっかりとした経営計画が大切です。とくに建築から考えているのであれば管理コスト・年間手数料なども考慮し、長期間マンション経営をしていくうえで重要となる会社の実績や建物の品質・プランなどを考慮した上で不動産会社を選ぶ必要があります。またマンション経営を長くサポートしてくれるため、信頼できるパートナーとしての存在を見つけることも大切でしょう。まずは不動産会社を慎重に選ぶようにしてください。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp