埼玉県で土地活用するなら

所有している土地を何もせずに放置していても、税金などがかかるためマイナスになるだけです。少しでも資産として有効に活用したいと思うでしょう。このページでは埼玉県で土地活用する特徴やオススメの土地活用について紹介しています。

埼玉県の概要

東京に隣接しており、東京へのアクセスも抜群です。そのため東京まで通勤・通学している方も多く、ベッドタウンとしての役割もあるエリアと言えるでしょう。県庁所在地のさいたま市が主要都市になっています。

近年リモートワークが増えた影響もあり、埼玉エリアの人気が高まっています。とくに川崎駅・大宮駅・武蔵小杉駅などの需要が高まっている傾向にあるようです。

不動産価格も割安で、安定した投資ができるから

埼玉県は都市開発も進み、まだ新しいマンションが非常に多いエリアです。築浅物件であれば、人気も高く、入居者も見つかりやすいでしょう。安定した家賃収入も見込め、空室のリスクを少なく抑えられます。

また東京都と比較すると不動産価格もリーズナブルなのも魅力的なポイント。初めて不動産投資をする方にとっても、予算内で条件のいい物件に巡り合いやすいエリアと言えるでしょう。

東京と大きく影響し合っているエリア

埼玉県と東京都は隣接しており、東京都と大きく影響し合っているエリアと言えます。東京都の賃貸物件の需要は高まっているものの、どうしても家賃相場が高く、予算内でおさめるためには居住スペースが狭くなりがちです。そのため隣接している埼玉県での居住を検討する方も多いでしょう。

また成田空港・羽田空港など海外と日本を結んでいる空港をはじめ、東京駅には全国から人が集中するターミナル駅なので、今後も東京都近郊には多くの観光客・ビジネス客が訪れるはずです。そんな東京を支えるために、埼玉県は重要な都市と言えます。そのため将来的にも埼玉県の不動産投資は、手堅い魅力を持つエリアでしょう。

人口減少が他の地方都市と比べゆるやか

現時点でも東京都には本社を展開している上場企業も多く、今後も東京の一極集中化が継続すると予想されています。規模の大きな企業が事業所を構えることによって、そこで勤務する従業員の居住も事業所周辺になるでしょう。そのため東京だけでなく、東京近郊エリアの人口減少は地方都市よりも比較的緩やかになると予想できます。

人口減少が著しいエリアであれば、マンション投資をしたとしても需要がなく入居者が集まらない空室リスクが高くなってしまいます。その結果、収益が減ってしまい、余計な負担がかかることも。空室リスクを少しでも減らすためにも、東京や埼玉のような人口減少が緩やかなエリアを選ぶことが大切です。また経済の拠点でもあるため、地方都市よりも平均所得が高くなりがちなので不動産価格を押しあげる要因にもなるでしょう。

埼玉県でおすすめの土地活用

埼玉県は都心で働く方のためのベッドタウン的存在でもあるエリアです。そんな埼玉県だからこそ適切な土地活用を行い、安定的な収入を得る方法を検討しましょう。具体的に埼玉県でオススメの土地活用方法についてチェックしてください。

賃貸経営(マンション・アパート)

土地が駅から近い、需要の高いエリアであれば、マンションやアパートの賃貸経営という土地活用法が最適です。単身向けのワンルームにするのか、ファミリー向けの2LDKなどの広さのある物件にするのかは、周辺環境など需要に合わせて柔軟に検討しましょう。

賃貸経営を行う大きなメリットが、節税効果が高いという点。また賃貸物件の需要が高いエリアであれば、比較的家賃収入も安定しやすく、資産を得ることができます。ただ建築の費用が高くなるため、融資を受ける必要も。またエリアの状況など不動産投資の知識を把握していなければ、大きなリスクを背負おうことになってしまうでしょう。デメリットを抑えるためにも、信頼できる不動産会社のサポートを受けることが大切です。

コインランドリー

商業施設や住宅街に比較的近いエリアの土地であれば、コインランドリー経営もオススメの土地活用法です。コインランドリーであれば比較的メンテナンスや管理も楽なので、初心者でも簡単に始めることができるでしょう。また土地の広さによって店舗の規模も調整しやすく、柔軟性の高いのも魅力的。ただ開業するためには洗濯機・乾燥機・両替機・防犯カメラなどを準備する必要があり、初期費用が高くなってしまうというデメリットがあります。また1回あたりの単価自体は少ないため、集客に注力しなければ利益が得られないことも。コインランドリーは数多くあるため、他店と差別化を図るための要素をプラスすることが大切です。たとえばカフェなどを併設するなどを検討しましょう。

駐車場経営

駐車場を経営する場合、一括で貸し出す方法やコインパーキングを経営する方法などがあります。駐車場を経営するメリットは、初期費用を抑えられるという点。もちろんマンションなどを経営する方が収益性も高くなりますが、その分初期費用も高くなってしまうでしょう。そのため高いリスクを負いたくないと考えている方は、コインパーキングなどの駐車場経営と言った土地活用方法もアリです。また駐車場経営であれば、将来的に別の活用をしたいというケースでも、すぐに駐車場経営を止めることもできるでしょう。

貸事務所・テナント

東京都に本店や事業所が集中している現状がありますが、東京の近郊である埼玉も交通アクセスが良いため埼玉県に事業所を構えているケースも多いエリア。東京への交通アクセスが便利で、東京都よりも賃料が割安な川口市はオフィス街としても需要があります。そのため貸事務所やテナントとしての土地活用方法も良いでしょう。

オフィスビル・貸店舗などは賃貸物件よりも高い収益性が見込め、節税効果もあるので多くの収入が得やすいなどのメリットが期待できます。ただ建物の規模によっては建築費が高額になってしまうケースも。また需要と供給のバランスが想定しにくいため、空室リスクが高まってしまうので注意してください。

埼玉県でマンションを経営するなら

埼玉県は東京へのアクセスも良く、隣接している環境もあるため、東京都で勤務している方のベッドタウンの存在としても人気のあるエリアです。そう言った面から人口減少が緩やかであり、マンション需要も下がりにくいと予想されています。また埼玉県のエリアによっては築浅の物件も豊富なので、比較的入居者が集まりやすいでしょう。

ただマンション経営をしたいと思っているなら、まずは経営の計画をしっかり立てることが大切です。とくに建築の段階から始めたいと思っているのであれば、年間にかかる手数料や管理コストなども考慮しましょう。またマンション経営は基本的に長期間行う投資となります。そのため実績や建物の品質・プランなどもチェックしたうえで、慎重に会社選びを行ってください。マンション経営は不動産投資の知識が必要になってくるので、マンション経営について相談しやすく、信用できる会社に任せるようにしましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp