高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

セントラル総合開発

新しい価値観のデベロッパーコンセプトに掲げるセントラル総合開発グループ。特徴とマンション建築事例、オーナーの声などを紹介します。

新しい価値観のデベロッパーを掲げる一貫システムのマンション事業

セントラル総合開発は1959年に設立されました。分譲マンションの企画や販売、宅地の造成や分譲、不動産の仲介や賃貸事業や警備業まで幅広い事業展開を行っています。

土地の選定から入居後の管理と修繕まで一貫システムでサポート

マンション事業では「お客様主義」を掲げて、グループ一貫体制でサポートを行っています。徹底的な調査と詳細な計画からスタートし、安全性を確保するために検査を繰り返し実施。

マンション管理や将来的に行わなければならない大規模修繕までのサポートなど、マンション建築から経営まですべてセントラル総合開発で一貫して対応してくれるのです。品質に対する責任をしっかりと取れる体制を整えている企業といえるでしょう。

これはセントラル総合開発が貫く「お客様主義」という言葉にも現れているのです。すべてにおいて顧客の満足に応えるための言葉が「お客様主義」といえます。

快適な住まいのための管理体制

マンションを建築後、管理業務はオーナーにとって頭を悩ませる問題です。セントラル総合開発では管理体制も一貫してサポートしてくれます。

フロントの窓口対応や清掃など日常管理も対応。メンテナンスや保守など、管理費や会計業務などもマネージメントしてくれます。管理組合の運営や長期修繕計画の立案も請け負ってくれるのです。

CLAREという文字に込められた想いで作るクレアホームズ

セントラル総合開発が手がけるクレアホームズ。CLAREという単語は、スペルそれぞれに意味が込められています。

Cは「COMMUNICATION」でふれあいを、Lは「LAUGH」で笑顔を、Aは「AMENITY」で快適を、Rは「RELAX」、Eは「ENJOY」という意味が込められているのです。CLAREという文字に込められた想いを形にしたマンションがクレアホームなのです。

セントラル総合開発のマンションへの夢や、一時的ではなく長く住んで欲しいという思いもCLAREという名称に込められています。こういった住居へのこだわりもマンション建築に活かされているといって過言ではないでしょう。

オフィスビル賃貸事業のエキスパートでもある

主要都市におけるオフィスビル賃貸事業も手がける事業のひとつです。ビルの企画や開発や建設、テナントの募集や運営管理まで幅広く行っています。企業にとってどんなビルに入居するかはステータスや信頼性という部分でも重要です。セントラル総合開発ではビル賃貸事業のエキスパートであり、豊富なノウハウを持っています。

多くの人々が行き交うオフィスビルの管理も行います。技術スタッフが設備の保守管理業務や衛生管理業務、イメージを損なわないための清掃業務や、セキュリティーサービスについても対応できる体制を整えているのです。ビルの賃貸事業のノウハウがマンション建築や経営などにも活かされているといっても良いでしょう。

もしものときでも安心できる保険事業

保険業務を全国展開しています。日常生活で万が一のときに備える保険。セントラル総合開発ではさまざまな保険を用意しています。

火災や自動車、生命、海外旅行やゴルファー、介護や賠償責任、工事、海上、動産総合保険まで幅広く取り扱っているのです。

マンションの建築事例

建築事例はありませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:東京都千代田区飯田橋3-3-7
  • 施工エリア:日本全国

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)